ステンレスボルト・製品のご案内

ステンレス304(A2) 強度保証六角ボルト 
全ねじ六角ボルト/ 呼び径六角ボルト



[形状・寸法]  JIS B 1180 本体
[機械的性質] JIS B 1054―1に基づき製作

材料は新日鐵住金ステンレス㈱と大同特殊鋼㈱の「JIS G 4308 ステンレス鋼線材」

使用しています

 

六角ボルトの規格「JIS B 1180」には「本体」と「附属書」の2種類に分かれています。 現在、一般流通していますステンレス鋼六角ボルトは「JIS B 1180附属書」に準じて製作されていますが、将来的に「附属書」は廃止され、「本体」に一本化されます。当社はステンレス鋼専門のボルトメーカとして、先駆けて「本体」規格の六角ボルトの製造・在庫しております。


1. 形状・寸法が若干異なります。

例えばS部寸法は以下のようになります。

呼び径

S部の寸法(mm)

本体

附属書

M10

16

17
M12 18 19
M14 21 22
M22 34 32


2. 六角部の首裏に座が付きます

    本体:座付き     附属書:座なし
一般流通しています「附属書」規格のステンレス鋼六角ボルトの首裏には座がありません。ステンレス鋼「本体」規格の六角ボルトは座が付きます。


3. 製造業者識別の表示・鋼種区分・強度区分の刻印が付きます。

 
本体   附属書
上図は当社製の本体規格品と付属書規格品です。
HSK:当社識別記号
A2:鋼種区分(オーステナイト系)
70:強度区分(700N/mm2以上)

4. 「本体」規格は強度保証されます。

一般流通しています「附属書」規格のステンレス鋼六角ボルトの強度は保証されていませんが、「本体」規格のステンレス鋼六角ボルトの機械的性質はJIS B 1054-1「耐食ステンレス鋼製締結用部品の機械的性質―第1部ボルト、ねじ及び植込みボルト」に基づいて、強度保証はされます。例えば、M24以下のサイズの引張強さは700N/mm2以上です。

ボルトの機械的性質(M24以下)

材料の
組織区分

鋼種区分

強度区分

引張強さ
N/m㎡

永久伸び0.2%
耐力N/m㎡

破断後の
伸びmm

最小

最小

最小

オーステナイト系

A2及びA4

70

700

450

0.4d


在庫サイズ・詳しい内容を見る

製品一覧
分類別インデックス
機能別インデックス
形状別インデックス